最近のスマートフォンでワンセグ

4月 1st, 2015
by admin

ワンセグとはワンセグウェイ放送の略称です。主に携帯電話などの携帯機器を受信対象とした地上デジタル放送で、2006年に放送を開始されています。日本のデジタル放送は一つのチャンネルが13のセグメント(領域)に分かれています。これをいくつか束ねることで映像や音声などを送信しています。ハイビジョン放送はそのデータ量が膨大なため送信には12のセグメントが必要ですが、通常画質の放送は4セグメントの容量で送信が出来るため、3つの異なる番組を一つのチャンネルで放送することも出来ます。この13のセグメントの内一つは移動向け放送に振り分けられていて、これを使用して放送を行っているのがワンセグ放送です。領域が一つだけしかありませんのでデータ量の少ない低解像の映像しか送信できませんが、受信側が携帯端末のため、その特性を生かした新たな試みなども積極的に取り入れられているようです。基本的に無料で見ることが出来ます。
最近のスマートフォンでもワンセグ放送は見ることが出来るようになりました。特にアンドロイドOSのスマートフォンでは、日本の独自サービスであるワンセグやおサイフケータイなどの機能を積極的に取り入れていますので、この傾向が顕著と言えます。またワンセグ受信の機能をもたないスマートフォンやiPhoneでは、ワンセグチューナーがアクセサリーとして反場押されています。専用の無料アプリをダウンロードしてチューナーを接続すればワンセグの視聴が可能のようです。